踊ってる場合ですよ、2。

メキヒゴン的LIVEとDJのスケジュール。
メキヒゴン通信 vol.53 〜 ヒゴヒロシ・インタビュー、ele-kingに掲載中。
JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:No Music, No Life


チャンス・オペレーションの再発を機に、久々にインタビューを受けましたヒゴヒロシ。
web ele-kingに只今掲載中であります。

interview with Hiroshi Higo
1981年の醒め方――ヒゴヒロシ、インタヴュー


まったくウケを狙わない返答、なぜか電車話、夢は希望は?という問いの答えは「混沌」…などなど、何処を切ってもヒゴヒロシな内容になっております。インタビューの最後でしつこくパーティ告知してますので、ぜひ最後まで読んでやってください。

Great Big Thanks to: Mr.T.Noda, metal, ele-king Powerd by DOMMUNE
00:36 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.52 〜 チャンス・オペレーション再発2タイトル本日発売!
JUGEMテーマ:とにかくロック!

JUGEMテーマ:音楽



RESOLVEPLACE KICK


出る出る出る出る、ついに出る〜♪(ばーいSDP)
というわけで、チャンス・オペレーションの再発2タイトル、本日発売の運びとなりました。
(下記リンクをクリックするとメキヒゴンwebshopの商品ページへ飛びます)

PLACE KICK + 1984 / チャンス・オペレーション

RESOLVE(2枚組)/ チャンス・オペレーション

先日お伝えしたとおり、メキヒゴンwebshopでお買い上げの方に限り、特別付録として後期チャンス・オペレーションのライヴ映像DVDをプレゼントさせていただきます。どちらか1タイトルのお買い上げで3曲入り(1989年12月のライヴ)、2タイトル同時にお買い上げの場合はさらに3曲(1988年3月のライヴ)をプラスしての6曲入りです。

なにせまだDVDもなかった時代ですから、映像のほうは高画質というわけには参りませんが、当時の空気感は味わっていただけるのではないかと思います。特に1988年3月のライヴは、非常に活動期間が短かったヒゴ(bass)+ボーイ(drums)+ラピス(guitar)のトリオだった頃のもの。チャンスの活動歴の中では突出して男らしいロック!(書いていてなんか笑う)を感じさせる記録です。ゲストとしてミラーズのギタリストだった安藤氏も一曲参加しています。

チャンス1988
↑1988年3月26日@新宿ロフト。ゴジラレコード10周年記念ライヴより。

1989年12月のほうは、代々木チョコレート・シティ。この時のメンバーはヒゴ(bass)+ボーイ(drums)+シュガー吉永(guitar)+シミズ(syn.pad)。現バッファロー・ドーターのシュガーちゃんは、当時ハバナ・エキゾチカで活動していて、1991年に一回こっきりのミラーズ再結成のときは対バンで参加してもらったりもしましたね(この時、もうひとつの対バンはニューキー・パイクス)。

このメンバーではチョコレート・シティのレーベル「ナツメグ」から、チャンス・オペレーション最後のアルバム『Hiroshi』をリリースしています。今回の再発にはラインナップされなかったけれど、これもいずれリイシューできるといいなぁ。。。

チャンス1989
↑1989年12月11日@代々木チョコレート・シティ。
15:57 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.51 〜 チャンス・オペレーション再発2タイトル、11/2発売!
JUGEMテーマ:音楽


JUGEMテーマ:とにかくロック!


昨年春から制作を始めたものの、紆余曲折あってなかなかリリースできませんでしたが、ついに出ます!
初期〜中期チャンス・オペレーションの再発2タイトル、来週11月2日発売です。

P-VINE RECORDSからのリリースなので、全国のレコード&CD店やAmazonなどでも購入可能。

ですが!メキヒゴンwebshopでも初回限定特別付録ライヴ映像DVD付きで販売いたします!
近日中にwebshopで予約受付開始します!


付録の詳細や予約受付開始情報などなど、ここやtwitterでお知らせしていきますので、チェックよろしくなのです。今日のところはまず、概要をお知らせします。

CHANCE OPERATION(チャンス・オペレーション)

RESOLVE
〜 1980 - 1982 〜
タイトル:『RESOLVE』


収録内容:
●12inch LP『CHANCE OPERATION』全曲(JEEP/テレグラフ、1981)
●7inch EP2枚組『SPARE BEAUTY』全曲(JEEP/テレグラフ、1982)
●デモンストレーション・ソノシート全曲(1980年活動開始時にメンバー募集のため制作したもの)
上記に、ライヴ録音14曲+未発表スタジオ録音1曲を加えた全26曲、CD2枚組。
価格:2,730円(税込み)
発売元:P-VINE RECORDS

PLACE KICK
〜 1984 - 1985 〜
タイトル:『PLACE KICK + 1984』


収録内容:
●LP『PLACE KICK』全曲(テレグラフ)
●カセットテープ『OPEN GROUND』1曲(STUDIO TOTEFA)
上記に、1984年のライヴ1曲を加えた全11曲。
価格:2,310円(税込み)
発売元:P-VINE RECORDS

22:15 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.50 〜 「モルガナ実験室 Report 3 & 4」 明日販売開始!
JUGEMテーマ:音楽


ひょんな経緯から始まり、発展と派生を繰り返してきたインプロヴィゼーション・ライヴ・シリーズ「モルガナ実験室」。早いもので4周年となりました。これもひとえにライヴハウス国分寺モルガーナのおかげ、そして次から次へと集ってくれたミュージシャンたちの飽くなき探求心の賜であります。

そんな4周年のお祝いに、ここ2年間の実験室の記録から選りすぐりの演奏を収録した「モルガナ実験室 Report 3 & 4」を制作いたしました!ぱんぱかぱーん!

モル実report3&4


CD-R2枚組、29人のミュージシャンによる全10演奏を収録。お値段は1500円。
9月30日のモルガナ実験室4周年記念ライヴにて販売開始です。
(最近まったく開店休業状態のメキヒゴンwebshopでも販売します。今しばらくお待ち下さい)

収録アーティスト:
かずみんぐ、根本潤、森順治、熊田央、おちょこ、川合AKA、村田直哉、大西英雄、カムラツコ、モリシゲヤスムネ、ミドリトモヒデ、池田陽子、ラブ、大沼志朗、みっちゃん、狩俣道夫、ヒゴヒロシ、山岸直人、徳久ウィリアムス、広瀬淳二、臼井康浩、川口雅巳、山岸静、AYA、荻野都、キム・ヨンジュ、muupy、ヒグチケイコ、一楽誉志幸(順不同)
00:20 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.49 〜 アイアムア・カムラ & コンクリーツ@地球屋 〜
JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:音楽イベント


明日2月9日、国立・地球屋さんでこんな面子のライヴがあります!

HEXA ヘクサ
HEXA on Myspace Music - Free Streaming MP3s, Pictures & Music Videos

I am A Kamura アイアムア・カムラ
MySpace.com - I am a Kamura - London, UK - Other / Folk / Alternative - www.myspace.com/iamakamura

コンクリーツ

KANABOON カナブン

venue info: 042-572-5851(地球屋)
http://www.chikyuya.info/

カムラとは、元・水玉消防団〜フランクチキンズでの活動で知られるカムラアツコ。
ヒゴやboyとはふるーい付き合いで、ヒゴエラをレイヴ人生に導いたレイヴの母でもあります。
長くロンドンで活動していましたが、現在は日本在住。今回はロンドンからパートナーが来日してのデュオで登場。

そしてコンクリーツには、パンクの女神、KUMMY(exボーイズ・ボーイズ、ミュータント・モンスター・ビーチパーティー)&ヨシコ(exチャンス・オペレーション)によるエメラルズがゲスト参加!

少し前にヨシコさんと会ったとき、KUMMYさんとスタジオに入って音を出しているという話は聞いていたのだけど、こんなに早くライヴで見られるとは、嬉しい驚き!!

東京ロッカーズ時代からのeraの憧れのおねーさまたちが一堂に会する明日の地球屋、超絶系熟女の夕べを見逃すなー!

20:09 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.48 〜 WAVE TRAIN ロイク各駅停車の旅 〜
JUGEMテーマ:音楽

2月6日、メキヒゴンのライヴ・ストリーミング WAVE TRAINの臨時列車を運行いたしました。
うっかり(しすぎだろ、自分)、このスケジュールブログではお知らせしなかったという体たらくでしたが、Ustream上にアーカイヴを残してあります。

電車meki-higon royral radio / wave train special issue...BLACK or BLACK!!


この日のテーマはロイク。要するに黒い音ばかりをヒゴエラの2人がかけまくりました。
さくっとやるつもりが、走り出したらもう止まらない…というわけで結局8時間。。。
なので、アーカイヴ・ファイルも3つあります(いちばん右がファイル1です)

が、しかし!
やっぱりロイクは凄いですね、まだまだ全然やり足りない!
あれもかけてない、これもだよ。。。というわけで終わった直後に、
ロイクで16時間はいけるなぁとうなずきあったバカ夫婦でありました。
ブラック・ミュージックがお好きな方はぜひぜひ、聴いてみてください。楽しめると思います。

黒人の人にも聴いて欲しいなぁ。
いやもう、本当にリスペクト!ですよ。
19:40 | メキヒゴン通信 | comments(1) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.47 〜 渋さ知らズオーケストラ@グラストンバリー・フェス2002
JUGEMテーマ:音楽


突然ですが。

2002年、渋さ知らズオーケストラが英国グラストンバリー・フェスティバルに出演したときのライヴ激写をアップしました。

唖然shibusashirazu @ glastonbury 2002

020629_051

もう8年以上前の話になるんですなぁ。
当時、メンバーのために一括アップした後、特に公開せずにおりました。

つい最近、過去の写真を整理していたらコレが出てきて、面白かったなーと眺めていたら、どういうタイミングか勝井祐二氏が
「イギリスのグラストンベリーフェスのメインステージ Pyramid に出演した日本のバンドは「渋さ知らズ」が初めて。その後も無いんじゃないかな」
「帰国後、半年ほどしてNHKがその年のBBCのグラストンベリーフェスを放送する番組を観た。基本、BBCの映像をそのまま流しているのですが、「渋さ知らズ」の演奏シーンは総てカットされていました。これはどういう事なのかな」

とつぶやいているのを目にし、あんな愉快なステージが知られていないのは勿体ないなぁと思い、今更ですがアップしてみました。

そう、出演した当日の晩にBBCでちゃんと渋さのステージも放映されたんですよ、エゲレスでは。
同じホテルに泊まっていたメンバーたちと一緒にわいわいテレビを観た記憶があります。そしてその後、2回目のグランストンバリー・フェスの記録映画も観たっけなぁ。

ちょっとだけデジカメ動画もありまして、これはYoutubeにあげてみました。


残念ながら音声はありません(そういうデジカメだったんです、はい)。
脳内で音を鳴らしながら、ごらんあれー。数十秒ものが3本あります。
19:25 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.46 〜 マジカナハル・ウルトラビデ「風神ツアー」!
JUGEMテーマ:音楽イベント


MAJIKA~NAHARU(マジカナハル)とウルトラビデのツアーが始まりますよー!

マジカナハル・ウルトラビデ 〜風神ツアー〜
2010.11.19(fri) 〜 11.23(tue)

風神ツアー2010

ツアーっていうと東名阪とか、いっそ北海道や九州というパターンはバンドにはありがちですが、これは東京・高円寺に始まり、江ノ島、そしていきなり水戸〜日立、千秋楽は早稲田。なんかちょっと不思議な巡り方のツアーになっとります。

11/19(fri) @高円寺missions
11/20(sat) @江ノ島オッパーラ(all night)
11/21(sun) @水戸90East
11/22(mon) @日立・小川屋
11/23(tue) @早稲田zone-b

11/20のオッパーラはオールナイト。eraはバンドの前後間で廻します。バンド間でのDJプレイは何度も経験ありますが、1時間半〜40分を3回というのは初めてだし、またそれぞれに違ったクセの強いバンドたちだしで、どんな具合になるかちょっと読めないところがお楽しみです。時間の流れ方、とかね。

23:17 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.45 〜 DipAura 87th は、DJ HI-GO三昧!
やります、DipAura。やるといったら、やるんです!

DipAura 87th "Cambrian Stream"

DipAura_Cambrian Stream

聞き耳を立てる2010/10/16(sat) DipAura 87th @ 渋谷CLUB CRAWL

今回のDipAuraは、ヒゴの一人会。DJはヒゴ一人。
19年に渡るDJ歴でも、実は初めてのワンナイト・ワンDJになります。
ヒゴの考える・感じる・溢れ出るテクノ、ダンス・ミュージックの源泉に迫る一夜になることでしょう。

そして、今回初登場になるライヴ・ペインティングのGarakozy。画でありながら立体的で躍動感漲る彼のペインティングとヒゴのサウンドがどんな具合に絡み合い、進化するのか楽しみ!

翌日は東京渚があったりと、いろいろ目白押しな秋ですが、ぜひぜひDipAuraにもお運びあれ。
18:19 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
メキヒゴン通信 vol.44 〜秋はいずれ来るかも知れないが、飽きはまったく来ない2010年メキヒゴンの9月。
色々とお伝えすべき事がありながら、まったくもって更新さぼりまくりでいやはや申し訳ありません。すべてを猛暑のせいにしてしまいたいところですが、さすがに、ねぇ。

今日も38度越えしている東京ですが、夜になれば秋の虫たちも鳴き始めておりますね。こおろぎや鈴虫もいいけれど、eraが好きなのはカネタタキです。

さてさて、9月のメキヒゴン。珍しく、ヒゴのライヴよりパーティが目立つ一ヶ月です。

一発目は来週、数年前から一度遊びに行きたいと思っていたパーティ・MANASにDJ & メキヒゴン亭で参加です。

ラブ2010/09/11(sat) MANAS 2010 @ 長野県松本市

オーガナイザーに連絡取った当初は、遊び&メキヒゴン亭で参加するつもりだったのだけど、プレイもすることに! 精一杯心を込めてやらかそうと思います。

久々にちょっと標高高めなロケーションで、白樺林に囲まれたサイトになる模様。メキヒゴン亭の定番である氷式生ビール、カンパリヒゴスペシャルに加え、ホットワインやホットジンジャーなども出そうかな。

そして9月第4週は中央線強化週間かっ?! というふたつのパーティが…

唖然2010/09/22(wed) PHANTOM @ 国分寺・福耳

ペン2010/09/24(fri) ウェストサイド物語@八王子SHeLTeR


そしてそして、10月には1968@豊橋、そしてDipAuraの87回目が控えております!
来年のヒゴエラRAVE20周年に向け、加速度つけていきますぜ、奥さん!
17:07 | メキヒゴン通信 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |